コラム

こんな過去は、彼には言えません

 

研究員のマイです。

ハイスぺ総研アカデミーでは、最初の1ヶ月は男性に会わず

とにかくワークをたくさんこなして
思考の設定を変更したり自分を癒したりしていただきます。

 

小学生の頃に、とても嫌なあだ名で呼ばれていて
いまだに深い傷になっている、という受講生さん。

 

彼ができて、昔のあだ名を知られるのは嫌、
バカにされたらどうしよう、
という受講生さんに、

あい副所長からのアドバイスがありました。

嫌だって言っていいんだよー
我慢しなくていいよー
許さなくていいよー
怒っていいよー
そのままで可愛いよー
大好きだよー

よしよし

いっぱいよしよししてあげてくださいね

それから、これから〇〇さんを溺愛してくれる
素敵な彼は、この話を伝えたらなんて言ってくれると
思いますか?

この話を聞いてバカにするような男性、
そもそも好きですか?

 

このアドバイスに、

受講生さんからは驚きの声が!

許さなくていいよー

は自分にはなかった発想で、目から鱗で、
そっかーと安堵しました

また、

怒っていいよー

も頭ではわかっていたつもりになっていましたが、
言語化されると腑に落ち感が全然違いますね。

そもそも、それをバカにするような男性は、
全然好きではないですね

自分を一切責めずに、とことん!
自分に寄り添う感覚が、また一歩掴めた感じです

 

「許さなくていいよ」

「怒っていいんだよ」
と自分に伝えてあげることで、

傷を癒すこともできるんですね。

そして、いつでも
「最愛の彼氏なら何て言ってくれるかな?」
を想像することが大事なんだそうです!

過去も含めてすべて受け止めてくれる彼氏を
繰り返し頭に描けば
思い通りの彼が現れる。

これは、今までの受講生さんたちも
体現されています!!

どんなにたくさんワークをこなしても、
自分一人では気づけない設定も多いもの。

講師たちのアドバイスやアプローチに

受講生のみなさんも毎日のように
目から鱗が落ちていらっしゃる様子です^^

 

■ ハイスペ総研レター

 

■ ハイスペ総研公式LINE@

LINE@限定のお知らせやハイスペ男性の本音リサーチ、秘密の恋愛ノウハウを配信中!

今なら過去の配信のバックナンバーをすべて無料でプレゼントしています。

友だち追加QRコードか@souken9 でID検索をして、お友達追加してくださいね。