コラム

ハイスペ男性とお付き合いするための服のお値段とは?

 

今回は、「ハイスぺ総研アカデミー」のファッション担当、
星よみファッションコンサルタントの岩本明子さんに
「ハイスペ男性とお付き合いするための服のお値段とは?」
というテーマでお話を伺いました!

ファッションと値段の関係

よくいただくご質問はこの2つ。

質問① 
「服は投資」とよく言われるけれど、
高いブランドの服を着るべきですか?

質問② 
プチプラ&リーズナブルブランドの
服が好きなのですが、ダメですか?

答えは、
どちらも「人と場合による」です☆

値段の高い素敵な服はやはり、
着る人の格を上げて美人度をアップ
してくれるものが多いのは事実です

そして、プチプラな服は安っぽさが
出てしまうことがやはり多いので
30代以上には積極的にオススメしません

服の値段は何で決まるのか

服の値段は、

布地の質、美しいシルエットを出す工夫、
縫製にかかる労力+ブランドの世界観など

で、決まります

高い服ほど、良い布地で
美しいシルエットが出るように
作られています

反対に、

プチプラな服は布地の質を落とし、
布地の分量と縫製の労力をはぶくために
シルエットやフィット感を犠牲にしていて、

パッと見はステキでも、実際に着てみると
なんとも微妙??なものが多いです

どんなに高い服も、
着る人の顔立ちや体型に合わなければ、
魅力を活かし最高に美人度を上げる服ではないので、
それは浪費になります

反対にプチプラな服でも、
着る人の顔立ちや体型に最高に似合っていれば
美人度を上げる一着=投資になることも
ごくまれにあります

服選びは複雑な要素が絡み合ったもので、
高いほど良くて安いほど悪いという
単純なものではなく、

どんな人が着るのか?も重要です!

プチプラ服を着こなすのは難しい!

どんなプチプラな服も素敵に着こなすには

外見上のある条件を満たした人でないと
かなり難しいというのが本当のところです

その条件とは、

20歳の女の子のような
全身どこにもムダなお肉のない
バランスの取れたモデルのような体型と
ハリとツヤのある若々しいお肌の
持ち主であること♪

自分自身の輝くような肉体美を武器に

どんな素材やデザインのプチプラな服も
まるでハイブランドの服のように
ステキに着こなすことができる

ごく限られた女性達です

そんな彼女たちも、着る場面に合わせて
小物やアクセサリーでプチプラな服を
格上げして着こなすことがほとんどです

この特別な一握りの女性をのぞいた
私を含め、大多数の日本人女子達は

お腹まわりだったり、二の腕だったり、
脚の太さや長さ、腰回りだったり、

誰もが、

何かしらの外見コンプレックスや
顔立ちや体型にまつわる
さまざまな悩みを持っている

と思います

そんな大多数の日本人女子達には、

体型の悩みどころをうまくキレイに
カバーしてくれて、バランスよく
美しく整えてくれる

素材感や型紙づくりや、
シルエットへのこだわりなどが
作り手の想いがつまった

「外見サポート力の高い優秀な服」
を選ぶことが大切です

これが、美人力開花のためには
(とくに婚活中には)絶対に必要です!

残念ながら、
この外見サポート力の高い服は

プチプラブランドでは
まず見つかりません・・・

経験を積んだシビアなプロ目線で探して、

100着、数百着に1着あるかどうか!?
というレア度(ほぼないに近い)です

自分史上最高の美女になる服を見つけよう!

すべての女性達が、最高に似合う服で
生まれ持った魅力を最大限引き出して

自分史上最高の美女になること

これが私の一番の願いです♡

だからこそ、まあ良いか?レベルの服で
妥協するのではなく、

服を作る人達のシルエットへのこだわりや
仕立ての手間ひまがつまった、

着る人を輝かせる外見サポート力と
パワーを持った本当に価値ある服を
着てもらいたいと思うのです♡

(そんな服は百貨店やセレクトショップに
並ぶ国産ブランドのレベル~ それ以上の
お値段は、やはりするものです^^)

そして何よりも、世界にたった一人の
大切な宝ものである自分だからこそ

そんな想いとパワーのこもったステキな服で
最高に美しくラッピングしてあげたい♡

皆さまも、そう思いませんか?

そんな風に自分を大事に扱って
服を選んであげた時、

美人度は急速アップ&最大化!

間違いなしですよ♡

 

■ ハイスペ総研レター

 

■ ハイスペ総研公式LINE@

LINE@限定のお知らせやハイスペ男性の本音リサーチ、秘密の恋愛ノウハウを配信中!

今なら過去の配信のバックナンバーをすべて無料でプレゼントしています。

友だち追加QRコードか@souken9 でID検索をして、お友達追加してくださいね。