コラム

フルスイングコミュニケーションってどうやるの?

 

ハイスペ総研アカデミーでも、
常々お伝えしてるのが

フルスイングで
コミュニケーションしましょう!

ということ。

書籍『なぜ、彼女ばかりが
ハイスペ男子に選ばれるのか?』を
読んでくださった読者さんから、

具体的にはどうしたらいいんですか?
ご質問をいただきました。

 

元受講生として、
ハイスペ総研アカデミーの
エッセンスをぎゅっと掴んでいる

講師 えり がお返事します♡

 

ご質問内容

本音で話す(フルスイング)の
コミュニケーションが大事、

というのはわかったのですが、
それは、具体的にいうと、
どういうシチュエーションでの、
どう言う言動のことを指すのか、
まだイマイチイメージがつかないです。

具体例を教えていただけますか?

 

(オンライン読書会でのご質問)

 

 

講師からの回答

こんにちは、
アカデミーの講師のえりです!

ご質問ありがとうございます。

 

 

フルスイングコミュニケーションって
馴染みがないので
イメージが難しいですよね。

 

フルスイングコミュニケーションを
一言で言うと、

本音で向き合う対話のことです!

◆相手を信頼して自分の気持ち、
 本音、望みを100%伝える事

◆相手の気持ち、本音、望みを100%聞くこと

◆二人がより幸せになる為に話し合い、
 第3の答えを導き出すこと

 

ここで勘違いしてはいけないのは、
自分の気持ちや望みを相手に伝える事は

相手に思い通りに
動いてもらう為ではない

ということ。

 

伝えた後、相手が行動するかしないかは
相手の自由です。

 

そして、実際に行う時の重要ポイント!

◆相手に伝える時は、
 忖度(我慢)する事なく伝える事
→心からのピュアな願いを伝えて下さい

◆相手が行動してくれた場合
3回以上感謝する事
→何度も感謝する事で
男性は自分は女性を笑顔・幸せに出来るんだ!
と自信が付きます。

 

 

フルスイングのコミュニケーションで
【願い・要望】を伝え行動してくれたら
【何回も感謝】をして
溺愛スパイラルを回して行きましょう!

男性を貴方だけのヒーローに
してあげて下さいね♡

 

 

具体例はこんな感じです!

ポイントは、
行動してくれたら、必ず何度も感謝!

 

【お食事デートで】

◆大皿で取り分けが必要なお料理が来たら
『取り分け苦手なので、
○○さんにやってもらえたら嬉しいな♡』

◆取り分けを叶えてくれた時
『取り分けてくれるんですかー!
嬉しいありがとうございます♡』

◆取り分けてもらった時
『わー美味しそう♡ありがとうございます♡』

◆帰り際等
『取り分けしてもらったのは
○○さんが初めてで嬉しかったです♡』

 

【お仕事中に】

◆高い場所の物が取れないとき
『○○さん、1番上の棚にあるファイルに
届かないので、取って頂けますか?』

◆取ってくれる時
『ありがとうございます!助かります』

◆取ってくれた後
『○○さんのおかげで
仕事が進められます!
ありがとうございます♡』

◆帰り際やその日の内にLINEで
『今日はありがとうございました!
○○さんがファイルを取って下さったので
無事仕事を終えられました♡』

 

 

フルスイングのコミュニケーションは、
プライベートでも仕事でも
使う事が出来ます。

まずは自分自身が
自分のピュアな小さな願いに気付いて、
拾い上げて行きましょう。

 

そしてその願いを、

『○○してくれたら嬉しいな♡』

と、相手にお願いベース
伝えてみて下さい。

 

叶えてもらえた時は、
感謝(3回以上)を忘れずに!

 

そうすると、男性は喜んで
ヒーローになってくれますよ♡

こんなふうに
フルスイングのコミュニケーションで、
溺愛スパイラルを回して行きましょう!

 

 

講師陣へのご相談を受付中!

ハイスペ総研では、講師陣への質問・ご相談を受付中です♡

ブログやYouTube、メルマガなどで
ハイスペ総研講師陣に回答してほしい
ご質問やご相談、嬉しいご報告などがございましたら
お気軽にお送りください。

すべてにご返信は出来ませんが、
大切に拝読させていただき
定期的にメルマガやブログ・YouTubeにて回答させて頂きます。

https://www.reservestock.jp/inquiry/47358

 

■ ハイスペ総研レター

 

■ ハイスペ総研公式LINE@

LINE@限定のお知らせやハイスペ男性の本音リサーチ、秘密の恋愛ノウハウを配信中!

今なら過去の配信のバックナンバーをすべて無料でプレゼントしています。

友だち追加QRコードか@souken9 でID検索をして、お友達追加してくださいね。