コラム

〜されると考える人は被害者村の住人です

 

書籍『なぜ、彼女ばかりがハイスペ男子に
選ばれるのか?』の中にある
「村診断チャート」

その中でも、なかなか村から出られない人が
多いのが「被害者村」です。

「〜される」
「〜された」

と、どんな事象に対しても
被害者のポジションをとります。

例えば、「もっと笑えばいいと思うよ」

と異性からの言葉に対して、
被害者村に住んでいない人は、

「そうかもっと笑顔を出したほうがいいのね」

仕上がっているモテ無双女子だと

「そんなに私の笑顔が見たいのね♡」

と言う受け取り方をするのですが、
被害者村の住人は、

「注意された」
「怒られた」
「私は嫌われている」
「私が無愛想だからいけないんだ」

と言う受け取り方をします。

基本的に世界は敵で自分は被害者です。
自分も他人も世界も一切信用していません。

「傷つきたくない」
「損をしたくない」

という思考が強固なので、
他人対して警戒し、思いやりや配慮、
何かを与えてあげられる余裕がありません。

だから、外側からみると、
「いつも怖い顔をしている優しくない人」に
なってしまうのです。

では、どうすれば被害者村から脱出
できるのかというと、
多大なるメリットを手放す覚悟が必要です。

被害者でいることは辛いように思えて、
実はメリットがいっぱいです。

・可哀想って思ってもらえる
・かまってもらえる
・受け身でいられる
・自分から動き出さなくていい
・悪いことは全部人のせい
・挑戦をしなくていい

今の現状が、決して幸せとは言えない
状況であったとしても、
新しいことにチャレンジしないでいい
という言い訳をし続けられるのです。

「会社が○○だから」
「年齢が○○だから」
「性格が○○だから」
「親が○○だったから」

被害者村の住人が被害者村を抜け出すには、
勇気を出して行動してみる以外はないのですが、
それが怖くて怖くてできません。

大袈裟ではなく、本当に死んでしまうと
思い込んでいるのです。

でも被害者村にいる限りは、
ちょっと孤独な不幸せに
安住している状態です。

本当の幸せを望むならば、
メリットを手放し、
幸せになる覚悟を決めるしかありません。

いつまでも被害者でいますか?

 

■ ハイスペ総研レター

 

■ ハイスペ総研公式LINE@

LINE@限定のお知らせやハイスペ男性の本音リサーチ、秘密の恋愛ノウハウを配信中!

今なら過去の配信のバックナンバーをすべて無料でプレゼントしています。

友だち追加QRコードか@souken9 でID検索をして、お友達追加してくださいね。

 

■ ハイスペ総研への質問・相談

ハイスペ総研講師陣に訊いてみたいご質問やご相談、嬉しいご報告やご感想など、こちらのフォームよりお気軽にお送りください。

▶︎質問・相談・ご報告フォーム